ものづくり新聞社

株式会社 ものづくり新聞社
TEL:06-6535-3250
FAX:06-6535-3251

ユーザー訪問バックナンバー

イベントカレンダー

2015年8月

『ユーザー通信』
第162号(2015年7月号)

1面記事
「設備Before After」:フジタ技研(石川県能美市)
2面記事
特集!ユキワ精工 コレットチャック製品拡充
3面記事
「売りごろ うられごろ」:ヤマト(大阪府堺市美原区)
「こんな情報α」:メイコーマシン(大阪府和泉市)
特報!メカトロテックジャパン2015
DMG森精機「IGA INNOVATION DAYS 2015」告知広告
4面記事
1面の続き
連載「ものづくり伝承『ライナーノーツ』」
連載「ノスタルジック機工」
5面記事
広告・お知らせ欄
6面記事
MONTHLYボックス席
7面記事
「シーク・シーク」新製品セレクション
8面記事
「タンガロイ特集」新製品セレクション
9面記事
広告・次回予告
10面記事
7月イベントカレンダー
ものづくり戯画
編集後記
11面記事
「業界ニュースぷらすONE」:日本機械工具工業会関連
三菱電機 ファイバレーザ加工機をフルラインアップ
12面記事
「Fromユーザー」:ゼノー工具(岡山県南区)

タンガロイ
TurnLine 鋳物旋削加工用 新CVDコーティング材種 『T515』発売

 タンガロイは、鋳物旋削加工用新CVDコーティング材種『T515』を全国で発売開始した。
 T515は、専用の新母材及び新コーティングを採用した鋳物加工に最適な高汎用性材種。母材コーティング界面の密着性を向上させたことにより耐チッピング性及び耐剥離性を改善し、安定した加工が可能。更にアルミナ(Al2O3)被膜を同社従来品よりも1.7倍厚膜化したことにより、高速加工での耐摩耗性を大幅に向上させることに成功。圧倒的な長寿命を実現した。
 また、独自の特殊表面処理技術であるPremiumTecを採用し、表面平滑性を向上させたことにより、抜群の耐チッピング性及び耐溶着性を発揮する。
 簡単にインサートを選択できるように、全周タイプとフラットトップタイプを主に標準在庫に設定。

タンガロイ
『TungCap』C4サイズカッティングヘッド&クランピングユニット拡充

 タンガロイは、複合加工機やCNC旋盤での高精度、高能率加工に対応するクイックチェンジツーリングシステム『TungCap』(タングキャップ)に「C4サイズカッティングヘッド」を追加し、発売を開始した。

日本機械工具工業会(JTA)設立総会


「販売額4500億円、会員数122社」規模の有力団体が発足
 6月3日、日本工具工業会と超硬工具協会は統合され、新たに「日本機械工具会」(JTA=Japan Cutting&Wear-resistant Tool Association)として発足した。
 同日、TKPガーデンシティ品川(東京・港区高輪)では設立総会と披露パーティ(約200名が参加)が開かれた。
 総会では、増田照彦 前超硬工具協会理事長(三菱日立ツール)を議長に、審議事項として、設立決議と定款の承認のあと、役員の選任を行った。
 初代会長には本間博夫氏(不二越社長)が就任。副会長は牛島望氏(住友電気工業常務)、石川則夫氏(オーエスジー社長)、木下徳彦氏(彌満和製作所社長)の4名。理事は旧団体理事数の合計23名(社)が移行する。
 また組織は、コンプライアンス・総務・業務・技術・環境・国際・工業会賞選考の7委員会と、製品別部会、地区会員連絡会で構成される。
 なお、新団体の会員数は122社(正会員77社・賛助会員45社)、販売額にして4500億円の規模となった。


日本ものづくりワールド〈機械要素技術展〉


「地域別出展、自治体・公共団体の地元PR」の色濃さ増す
 6月24~26日の3日間、東京ビッグサイトにて、今年で26回目となる総称「日本ものづくりワールド2015」(同時期開催4展で構成)が開催された。
 このうち「機械要素技術展」(M-Tech)は、全国各地から日本の製造業を支える中小企業が多数出展し、また自治体・公共団体が地元企業の技術力をPRする光景が、毎回の大きな特徴となっている。
「今回はその様相が、特に色濃く映った」と、中国地方のある出展者(金属部品加工業)。
「例えば、メーカーさんの来場があまり目立たなかったように思えたなど、来場者層に少しギャップを覚えた」との感想を続けた。
 一方、近畿地方の出展者(給水装置メーカー)は、こう臨んだという。
「以前は、地方自治体など事業体からの採用が目的の展示会には出ていたが、ここでは従来にはない、目先をを変えた先からの受注、展開を目指している」とタイトルどおり、新たな「機械要素」となるべく期待を寄せた。
 また「とにかく、よく入るね(動員)」との声が、会場の至るところで拾えた。

(本紙からの抜粋)

第163号(2015年8月5日発行予定)

連載「ぶらり、工業団地」:「大特集!魅惑の丹後機械工業協同組合〈丹後ハイテクセンター〉」
「FROMユーザー」:「日本一の試作メーカーを目指す」津田製作所(広島県廿日市)

-読者の皆様へ-

◆『ユーザー通信』の発行が毎月「5日」になりました。


◆定期購読者の皆様へ

新聞のご購読を頂いている皆様のなかで、新聞が届いていないという方がいらっしゃいましたら、ご一報頂けますよう、お願い申し上げます。

◆電子書籍ポータルサイト「イー新聞」で『ユーザー通信』電子版を配信中!

 弊紙の電子新聞版が昨年9月1日号より、電子出版ポータルサイト「e-SHINBUN」(イー新聞)上にてご覧(購読)いただけます(バックナンバーも配信)。詳しくはhttp://www.e-shinbun.net/へアクセス。
(運営・㈱ビジネス・インフォメーション・テクノロジー ネット新聞事業部)

◆コンビニの「eプリントサービス」で『ユーザー通信』がいつでも簡単プリント!


全国約3万店のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から本紙が購入できます。購入方法は、店頭のコピー機画面で「プリントサービス」→「コンテンツプリント」→「新聞プリントサービス」→「業界紙」→「ユーザー通信」の順にタッチ。入金後、本紙がA4サイズ(1頁あたり)で印刷・出力されます。

関連リンク

順次追加